神楽坂アルパインクラブ会則

<目的>

  1. 会活動の目的は、登山活動およびそれを実践するための運営活動を通じて、会員および関連する方々との相互親睦を図り、また運営活動に積極的に協力し、自然と親しみこれを慈しみ、個人個人が「自然を、人を、楽しむ」ことを目的とする。 また、満足できる登山活動を実践するために、お互いが会や関連する団体に参画しあい必要な知識と技術の習得と伝搬を行い、これらを向上することとする。

<入会>

  1. 入会を希望する者は、登山に関心があり、団体に対して協調性を持つ者であれば、山行経験、年齢、性別などの諸条件を問わず、誰でも入会できるが、会の現況と理想を比較して入会条件を限定することがある。ただし、当会はオールラウンドな形態の登山を目的とするので、上記の目的のとおり必要な知識と技術の習得と伝搬、向上の意志があり、会の運営活動を積極的に協力し会や関連する団体に参画できる方とする。
  2. 入会は、事務局の発行する「入会申込書」を事務局にメール、FAX、郵送ほか何らかの方法で提出し、会、入会希望者双方の合意のもと、別に定める会費3を納入した時点とする。
  3. 入会を認める基準として、会の雰囲気や目的を知っていただくためにも、入会前3ヶ月程度の「お試し参加期間」を予定する。この期間に集会やお試し参加可能な山行等に出ていただき、会の主旨や雰囲気を理解し希望した方に対して、入会希望者・会、双方の意思確認後登録をしてもらう。お試し参加とは、会の雰囲気や目的を知るためであり、お試し参加ができる企画は、各山行リーダーまたは企画者の判断による。 原則として山スキー、沢登り、クライミング(ゲレンデ・人工壁は除く)、雪山登山にお試しはできないが、十分な経験者であると判断した場合は、企画者またはCLと山行管理局の判断で参加できるものとする。 なお、お試し期間中の参加頻度により、会はこれを延長することがある。延長してなおしばらくの期間、集会、山行企画の頻度が低い状態が続く場合、入会をお断りすることもある。

<会費>

  1. 会費は月500円とし、入会月から翌年6月までの月数分を原則として一括納入(年間6000円)するものとする。ただし、諸般の事情により、総会で認められたケースについては会費および入会費用を変更することがある。
  2. 会費は指定口座に振り込むものとする。また、振込が困難な場合は、会計担当者または代行者に他の何らかの方法で支払っても構わない。なお、振込手数料は振込者の負担とする。振込が終了したら、必ず会計局宛にその旨を連絡すること。
  3. 会費の使用内訳は以下の通りとする。
    (1) 日本勤労者山岳連盟および東京都勤労者山岳連盟の連盟費および団体分担金
    (2) 会運営にかかる諸費用
    (3) 労山運営委員行事に参加するための会員交通費等
    (4) 緊急時使用経費での不足分の立て替え
    (5) 労山に対する連盟費振込と遭対基金振込の手数料
    (6)

    その他運営委員会で必要と認められた費用

  4. 会費の管理は事務局がこれにあたる。
  5. 会運営費として計上する場合は、原則として、必ず領収書を事務局に提出のうえ運営委員会の承認を得るものとする。ただし、領収書発行のできない事由については、都度可否を検討する。
  6. 会費の減額 労山の他会との掛け持ち入会および総会で認められた会員については会費を減額し、年間3000円とする。なお、年度途中の入会であっても月割りにはせず、一括扱いとする。

<集会>

  1. 会員は、原則として会集会に出席する。何らかしらの理由で欠席する場合は、集会局担当者に直接連絡すること。なお、遠方(会員登録後、転勤等の理由で関東首都圏外に常駐されている方)のため事実上出席不可能な方は事前連絡は不要とする。
  2. 集会は原則として、飯田橋周辺(原則として毎月第四水曜日19:00より)とする。なお、必要に応じて開催日および会場を追加、変更することがある。
  3. 年度末(毎年6月)に年1回、事務局が主催となり、会方針、役割分担、会計報告などを決議する総会を開催する。会員は原則として出席し、欠席する場合は議決案に関する委任状を指定された方法で事前に事務局に提出すること。委任する相手は総会出席会員1名を選んでおく。
  4. 臨時に開催する必要が生じた場合、会長の指示により上記12以外に臨時総会を開催することがある。

<山行計画書>

  1. 会の山行、他団体主催の山行、個人山行を問わず、会員の行うすべての山行(ハイキングを含む)・ゲレンデクライミング・山スキー(バックカントリー練習目的のゲレンデスキーを含む)・渓流釣り等に行く会員は、原則として出発6日前までに事務局または会宛に必ず連絡をすること。 また、入山口の登山届ポストまたは管轄警察署地域課、あるいは提出先が不明の場合は、入山口周辺の交番に提出することとする。(初心者にも容易な日帰りハイキング、ゲレンデクライミングで複数者参加する場合はこの限りでない)ただし、ケイビングは労山新特別基金対象外であるので会として計画書の受理は行わない。 
  2. 山行とは以下を指す。1)会企画一切(会募集・個人・連盟)   2)ガイド山行・他会主管企画。なお掛け持ち入会は、他に所属している山岳会等が掛け持ち入会を認めていること、また遭難救助の際は、その企画主体に関わらず双方情報を交換し協力してこれに当たることを、会代表者レベルでお互い承認することを前提とする。
  3. 山行計画提出期限 についての緩和措置 

    天候その他の理由があって計画書提出が遅れる場合も次の期限を設ける。

    ■日帰り無雪期ハイキング、同PH・縦走 ・・・最低出発日から数えて2日前の24:00まで 
    例)金曜夜発の場合、水曜日の夜24:00までに提出 
    土曜朝発の場合、木曜日の夜24:00までに提出

    ■ゲレンデフリークライミング、ゲレンデスキー類、労山連盟の講習 ・・・最低出発日から数えて2日前の24:00まで 
    例)金曜夜発の場合、水曜日の夜24:00までに提出 
    土曜朝発の場合、木曜日の夜24:00までに提出
    ■宿泊登山(前泊は日帰り扱いとする)、積雪が部分的に見込まれる登山(ただし白馬大雪渓など一般道にある雪渓ルートは無雪期扱いです)、アルパインクライミング(越沢等はフリー扱いと見なします)、沢登り、バックカントリー ・・・最低出発日から数えて4日前の24:00まで 
    例)金曜夜発の場合、月曜日の夜24:00までに提出 
    土曜朝発の場合、火曜日の夜24:00までに提出
    ■海外登山・トレッキング全般 ・・・日本勤労者山岳連盟遭対基金定款による
    a. 最低出発日から数えて2日前の24:00まで 例)金曜夜出発の場合、水曜日の夜24:00までに提出 土曜朝発の場合、木曜日の夜24:00までに提出 ただしこの場合参加する可能性が出てきた時点での予告はして下さい。
    b.

    他会の場合、その時の先方の留守宅本部(下山連絡担当者)連絡先は明記すること。

    ★留意点

     
    a. 上記提出期限は最低限であり、すべての山行において原則として6日前が基本ということを忘れずに。
    b. 期限を過ぎてからの参加予定メンバーの追加については、そのメンバーの力量によるものとし、 事務局の確認を受けて下さい。確認が受けられない、または連絡が取れない場合は不可。
    c.

    やむを得ない事情で計画書と違うルートに変更する場合は、事務局に前日までに電話連絡を取り確認を受ける。確認が受けられない、または連絡が取れない場合は不可。

    例)丸ノ沢予定であったが、前日入ってみると入渓路が崩壊していたので、前夜電話連絡して容認を受け、米子沢に変更した。ただし米子沢は過去経験のあるルートであり、グレード的にも当初予定と比べ遜色ない。

    d. 計画書作成者は会MLに計画書を添付したメールを期限までに送付する。受理の確認を事務局が行なう。また受理の確認の際、コメント等がある場合にはこれを反映させること。
    e. 会・個人・他会主管・連盟・ガイドなどすべての計画書提出に対して山行管理局からの受理の確認がない場合は、前日までに電話で確認すること。
    f.

    ペナルティ
    無届山行・・・1回目--警告(イエローカード)
    2回目--退会(レッドカード)

    g.アルパインクライミングは特に危険があるため、会長または副会長、事務局が計画書にて山行メンバーの力量、登山の技術、経験等を検認し、リーダーへの確認を取る。また、必要に応じ会長または代理者が計画書に捺印を行う。

    *力量(技術・経験)の判断基準は各ガイドライン、CLマニュアル等を目安とする。

    他団体主催の講習会に参加する場合は、主催団体の緊急連絡先を明記のうえ、当会の参加会員だけの記載でも構わない。

  4. 下山連絡 下山連絡は基本的にCLもしくは担当者がこれを行い、MLあるいはメールにて下山連絡を行う。状況的に無理な場合のみ、電話による方法で下山連絡する。万一、下山連絡を忘れ20:00以降にML登録あるいはメール連絡をされても即座に確認が出来ない為、必ず電話連絡(緊急連絡先指定会員もしくは会長)をすること。連絡は下山予定日の最終下山連絡時間20:00までとし、未連絡がある場合には山行メンバーの安否確認及び初動体制を会長・副会長・事務局のいずれかが対応を行う。確認が取れない場合には会は救助体制に入り、緊急時対応マニュアルに沿って対応を行う。 

<休会・退会>

  1. 休会・退会する場合は、年度末(毎年6月末日)までに事務局宛に何らかしらの方法で連絡すること。連絡のない場合は次年度へ自動的に更新出来ない。ただし、年度の途中で休会・退会しても、会費等の返却はされない。 
    なお、この場合の休会とは、何らかの事情により当該年度の企画に参加できない、またはする意志のない場合で復会意志のある者を、退会とは復会意志のない者をいう。 
    前年度に音信不通であったり、企画に全く参加がなかったり、会費や山岳保険の納入もない場合は退会扱いとするが、会員にいたっては必ずその意思を事務局宛に伝えること。 
    また、会および会員、会活動、連盟活動に対して、阻害的な行為・態度を取る会員、非協調的な会員、繰り返しの忠告にも関わらず会規約を守らない会員については、運営委員会の判断で退会していただく場合もある。
  2. 休会・退会した方でも、上記18の運営委員会の判断で退会をさせた方を除き、いつでも再入会することができる。この場合の手続きは上記入会手続きと同様である。
  3. 休会中の会員の会費、連盟費・新特別基金の納入義務はない。ただし、会のメーリングリスト等を希望する場合は、上記19に該当する会員扱いとする。また、休会中の会員が当会主催または同等の山行に参加する場合は、救助捜索費給付を含む何らかの山岳保険に事前に加入を必ずすること。(休会の場合、期間中であっても新特別基金は休会日より無効になる)

<労山主催の遭難対策基金>別途説明あり

  1. 会員(※上記8に該当する方は除く)は原則として、労山の主催する「新特別基金」(山における事故に関わる救助捜索費、死亡・後遺障害、入院、通院費用を補填する労山会員の互助給付制度)に加入すること。 
    加入額は年間1口1000円から10口10000円まで任意とするが、無雪期の日本アルプス級の山行を志向する者は5口以上、アルパインクライミング、沢登りや冬山などの山行を志向する者は10口の加入が望ましい。なお、期の途中で口数を増加することのみ可能である。
  2. 新特別基金に初めて加入する者は、連盟費とは別に新規加盟料として490円がかかる。
  3. 新特別基金の受付と加入費受付、及び申込は遭対局会計部がこれを行う。 
  4. 新特別基金の一会計年度は、毎年5月1日~翌年4月30日までとする。
  5. 新特別基金の詳細は「労山新特別基金定款」によるものとする。 
  6. 他山岳会との掛け持ち会員で主にそちらが山行主体の会員のうち、すでに他の山岳保険等に加入している者の新特別基金の加入は任意とするが、なるべく新特別基金に加入するよう努める。
  7. 新特別基金の加入途中に退会した場合は、退会をもって新特別基金適用の資格を失う。また休会した場合も同様に適用資格を失う。 

<運営委員>

  1. 会の運営委員は以下の通りの各局とし、1年ごとに改選するものとする。運営委員は事実上、会活動および会員に関するすべての決議権を有する。
    (1) 会長 会を代表する最高責任者であり、会の日常活動を統括しその執行に責任を負う。また運営委員会の招集と進行を行う。
    (2) 副会長 会長を補佐し、会長に事故または運営不可能な事態が生じた場合は、その職務を代行する。また会長同様に運営委員会の招集と進行を行う。
    (3) 事務局 事務局は外部からの情報を各局および会員に周知したり、必要な場合は、内部の意見・情報等を外部に対して反映させる。および労山の情報受付窓口として機能するほか、労山事務局会議への出席をする。また、新規会員の募集受付や問い合わせ対応、広報、入会後のフォローおよび会内総務などを担当する。会員からの会費の受付、徴収、会に関わる費用の管理と承認を担当する。
     

    事務局は、会長・副会長とともに山行管理を兼任する。会や個人山行の計画書の受付、確認、変更または中止の指示連絡を担当する。他団体会員など労山非加盟者との山行計画の場合は、所属労山連盟に連絡することを担当する。また、下山報告連絡先となり、各山行の下山を確認する。

     (4)顧問   運営委員会の依頼により顧問を置くことができる。 
     (5) 委員の改選 改選は原則として、毎年6月の総会にて決議する。会長は1年を任期とし、再選も可能である。会長の資格は在会1年以上の会員でなおかつ投票日現在運営委員であること。選挙方法は、①立候補 ②会員による指名制(いずれも過半数以上の信任が必要)とする。副会長は会長の指名制。運営委員会各局は立候補、互選または会長の指名制とする。
  2. 必要に応じて上記各局の統廃合や新規設置を行うものとする。

<会情報>

  1. 会および個人山行記録やそのほか様々な情報および今後の企画については、「メーリングリスト」、「ホームページ」、郵送、FAX、集会等で周知する。なお、MLやHP掲示板等で会のスタンスに反する発言、和を乱すような発言を絶対にしないこと。また会員によるHP掲示板、ヤマレコの記録、感想等に誹謗中傷やその他、会として問題のある記載がある場合にはこれを強制削除する権限を有する。
  2. 会員名簿など会情報は原則として会内部の使用にとどめ、外部に対して公開しないこと。また休会中、退会後も外部への公開や流用をしないこと。
  3. 山行記録はホームページ及びブログ記載とする。山行記録は会の財産でもあるため会員は山行記録の登録をすることに努める。

<会企画、募集企画、個人企画>

  1. 「会企画」は、会が決める年間計画における教育山行、伝統的山行等をさす。 「募集企画」とは、会員が自由に提案して会内部に周知した企画をさす。これには登山ばかりでなく、旅行等すべてのものが含まれる。提案は何らかの方法で集会や会MLなど会員全員が情報を得られる場で周知すること。 「個人企画」は会員全員に事前に勧誘の周知をしないものである。 
    いずれにしても、山行の場合は必ず山行計画書を提出し、その旨を会MLで 事前に計画書を提出し認可を受けることとする。 
    (※個人レベルや内容により、会のスタンスに反した計画、山行計画内容に無理がある場合は、内容の変更、中止を事前に求める場合がある)